院内感染予防への取り組み

安全な歯科医療をご提供するために

安全な歯科医療をご提供するために

テレビのニュースなどで「院内感染」という言葉を耳にされたことがあると思います。これは治療しにいったはずの病院で、ほかの病気にうつってしまうことです。これでは、せっかく頼ってきてくださった方の健康を守る医療機関として意味がありません。当然のことですが、私たちは院内感染を絶対に防がなくてはならないのです。

各種地下鉄「名古屋駅」に直結し、土・日・祝日も診療している「ミッドランドスワン歯科・矯正歯科」では院内感染予防対策を徹底しています。これは患者様の安全・安心のためであるだけでなく、スタッフの安全・安心のためでもある、とても大切なことです。

効率的な院内清浄

効率的な院内清浄

医院のレイアウトに合わせて、できるかぎり効率よく清掃・洗浄ができるようにしています。とくに徹底した滅菌・消毒が必要な器具やエリアと比較的清潔なエリアとを区別し、それぞれに合わせた院内清浄を行うのです。洗浄→消毒→滅菌→保管の流れがスムーズにいくようなレイアウトや機材配置にするだけでなく、患者様やスタッフの動線にも配慮しています。

滅菌・消毒の徹底

滅菌・消毒の徹底

スタッフ一人ひとりが清潔な院内環境を保つことを常に心がけているだけでなく、常勤の滅菌担当者を配置して滅菌作業を行っています。さまざまな滅菌・消毒機器を使用して、使用器具を無菌化し使用直前まで保つようにシステム化しています。他院では使いまわしされることもある歯面清掃機器などのハンドピースも当院では患者様ごとに滅菌・消毒処理したものを使用しているのです。

滅菌・消毒器具紹介
器具洗浄機「+α Washer Disinfector」

器具洗浄機「+α Washer Disinfector」

治療で使用した器具はまず器具洗浄機にかけます。「+α Washer Disinfector(プラスアルファー・ワッシャー・ディスインフェクター)」は93度の高温水と強アルカリ専用液体洗浄剤で強力洗浄します。器具に付着する血液やタンパク質汚れをしっかり除去するのです。

高温高圧滅菌器「Lisa(リサ)」

高温高圧滅菌器「Lisa(リサ)」

器具洗浄機にかけた治療器具は高温高圧洗浄機「Lisa」にかけます。「Lisa」はクラスBオートクレーブです。ヨーロッパの厳しい基準をクリアし「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌できる」とされています。

コンビネーションオートクレーブ DAC(ダック)

コンビネーションオートクレーブ DAC(ダック)

歯科治療で用いるハンドピースは筒状で汚れが入り込みやすい複雑な形態をしています。そのハンドピースの外部はもちろん、内部の細部まで、洗浄・注油・滅菌を行うことができるコンビネーションオートクレーブです。一連のメンテナンスが可能です。

滅菌処理の流れ
Step1:
洗浄
Step2:
滅菌パックに封入
Step3:
オートクレーブ滅菌

Step1:洗浄

Step2:滅菌パックに封入

Step3:オートクレーブ滅菌

器具洗浄機や超音波洗浄機を使って器具に付着した血液・タンパク質・汚れなどを洗浄します。 器具を滅菌パックに入れます。滅菌後、雑菌を通さない構造のパックです。 病原菌やウィルスなどを高温高圧滅菌器にかけて滅菌します。

ディスポーザブル化

患者様がご使用になるコップやエプロンはもちろん、スタッフが使用する手袋などはすべてディスポーザブル(使い捨て)です。もったいないような気がするかもしれませんが、院内感染予防の観点から推奨されます。院内感染のリスクを少しでも減らすよう、さまざまな工夫をしています。

院内の様子やくわしいアクセスはこちらからご確認ください