よくある質問 虫歯の再発について

Q&A

治療後の歯が何度も虫歯になるのはなぜですか?

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科からの回答

何度も虫歯になる原因として、過去に歯を削り、詰め物・被せ物をした治療痕の内部からの再発が考えられます。

保険適用の詰め物・被せ物をする際に用いるセメントは時間とともに溶けて行き、隙間から侵入した細菌が繁殖して虫歯になるケースがあります。厄介なのは、被せ物のせいで虫歯の再発に気づきにくく、痛みなどの自覚症状が出るまで発見できないという点です。

虫歯の再発は、そもそもなぜ自分が虫歯になったのかを理解することで、防ぎやすくなります。虫歯の原因になるプラーク(歯垢)が着きやすいのであれば、歯を入念にブラッシングできていないと考えられます。歯ブラシの選び方から磨き方まで、しっかりと意識していきましょう。

もしも入念にブラッシングができない理由が歯並びの悪さにあるならば、矯正治療によって歯並びを良くすることも考えてみましょう。可能な限り虫歯再発のリスクを下げたい場合は、保険治療より精度の高い自費治療も検討してみてください。