よくある質問 矯正治療と虫歯について

Q&A

矯正治療中に虫歯になる可能性はありますか?

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科からの回答

はい、虫歯になりやすいといえます。矯正治療中はブラケットという矯正装置を装着するのですが、どうしても歯ブラシが届きにくくブラッシングしづらい部分ができてしまいます。そこに歯垢(プラーク)が溜まってしまうため、虫歯のリスクが高まるのです。

ただし、自由に着脱可能な透明のマウスピースを使用するインビザラインという方法であれば、矯正治療中でもブラッシングが制限されることもありません。ただし、食事やブラッシングの時間以外は、意識してマウスピースを装着する必要があります。

矯正治療中は虫歯になりやすいため、普段以上に丁寧なブラッシングを心掛けましょう。また、定期的に歯科医院を受診し、常に口腔内の状態を良好に保っておくのも重要です。当院にお問い合わせいただければ、歯のクリーニングやブラッシングの指導をいたします。