よくある質問 インプラントの構造について

Q&A

インプラントの構造を教えてください。

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科からの回答

インプラントの構造は、顎の骨に埋め込む「人工歯根」、人工歯根に装着する「連結部分(アバットメント)」、その上に被せる「人工歯」の3つのパーツで構成されています。

外科手術で顎の骨に埋め込む人工歯根はインプラントの本体部分であり、フィクスチャーとも呼ばれます。人工歯根の素材には主にチタンが用いられますが、チタンは生体親和性が高く、周囲の骨と結合しやすいのが特徴です。インプラント埋没後は天然歯に近い色味と噛み心地が再現できます。

アバットメントは人工歯根に装着する連結(土台)部分のことで、人工歯根と人工歯をつなぐ役割を果たします。人工歯には天然歯に近い質感を持つセラミックなどの素材が用いられ、高い審美性を維持しながら、自然な噛み心地を手に入れることができます。