よくある質問 ときどき奥歯が痛むのは、むし歯が原因なのでしょうか?

Q&A

ときどき奥歯が痛むのは、むし歯が原因なのでしょうか?

家に帰って一息つくと、奥歯にじんじんと痛みを感じることがあります。原因はむし歯でしょうか?

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科からの回答

歯に痛みを感じたり、冷たいものがしみたりする原因として、まずむし歯が考えられます。むし歯を放置すると症状が進行し、抜歯を伴う大掛かりな治療が必要になるケースもあるので、痛みを自覚したらすぐに歯科医院で治療を受けることをおすすめします。

大人を悩ませる「治療を済ませた歯の痛み」に注意

むし歯は、歯の表面についた歯垢に潜むむし歯菌が出す酸によって、歯の表面の硬いエナメル質が溶かされることで少しずつ進行します。はじめは冷たいものがしみるなどの小さな異常でも、むし歯がエナメル質の下にある象牙質に近づくにつれて痛みは増し、神経に達すると激痛を感じるようになります。

以前にむし歯治療を済ませた歯が痛む場合は、被せ物が劣化して歯との隙間にむし歯菌や細菌が入り込んでいることが考えられるので、再度治療を行う必要があるでしょう。

奥歯が痛む原因にはむし歯のほかにも、親知らずの圧迫、歯ぎしりによって歯茎が炎症を起こす「歯根膜炎(しこんまくえん)」、歯周病菌によって歯を支える歯槽骨が溶かされる「歯周病」の進行など、さまざまな理由が考えられます。横や斜め方向に生えた親知らずは手前の歯を圧迫し、痛みやむし歯の原因となるので、トラブルが起きる前に必要に応じて抜歯しましょう。歯ぎしりが原因で歯根膜に炎症が起き、痛みが生じている場合は、就寝中にマウスピースを着用することで歯のすり減りや痛みを防げます。

むし歯が進行すると抜歯が必要になる恐れも

歯の表面のエナメル質に小さな穴が開く初期のむし歯は、痛みなどの自覚症状がありません。そのため、定期検診に通うなどして早期発見に努めなければ、むし歯は知らぬ間にどんどん進行してしまいます。歯に痛みを感じるときには、すでにむし歯がエナメル質から象牙質まで進行していると考えられるため、早めに歯科医院を受診して検査を受けてください。

適切な治療を受けないままむし歯を放置していると、神経に達してさらに痛みが強くなります。むし歯が歯根にまで到達すれば残念ながら歯を残すことが難しく、抜歯という選択肢を取らざるを得ない場合があります。

痛みや恐怖をほとんど感じない無痛治療

ミッドランドスワン歯科は、治療時の痛みや恐怖を麻酔によってやわらげる無痛治療に力を入れています。治療時の痛みが苦手な方や、器具の振動や音に恐怖感を抱かれる方も、リラックスした状態で治療が受けられる治療法をご用意していますので、治療に不安のある方はお気軽にご相談ください。

表面麻酔

麻酔注射の際は、まず歯茎の針を刺す部分にゼリー状の「表面麻酔剤」を塗布し、歯茎を麻痺させてから注射を行っています。針が刺さるときの痛みがやわらぐので、お子様はもちろん、注射の針を刺す際の痛みが苦手な方にも安心して治療を受けていただくことができます。

局所麻酔

むし歯やインプラント治療、親知らずの抜歯や歯周ポケット内の歯石除去などを行う場合は局所麻酔を行うので処置中に痛みを感じることはほとんどありません。

静脈内鎮静法

静脈内鎮静法という麻酔法を使えば、うとうとと眠っているような状態で治療を受けることも可能です。治療時の痛みや振動への不安がとくに強い場合はご相談ください。睡眠沈静導入剤を点滴で少しずつ投与します。治療中は常に麻酔担当医が付き添っているので安心して治療をお受けいただけます。

重度のむし歯でも歯根を維持できる「根管治療」

ミッドランドスワン歯科では、患者様自身の歯をできる限り残す治療を提案しています。「根管治療」は、むし歯が神経にまで及んでいる場合に、神経や血管を根管(歯根の中を通る細い管)から取り除き、根管内を無菌化する治療です。根管治療をしっかりと行えば天然歯を残せる可能性が高まります。

根管治療によって根管内を無菌状態にした後は、根管内に薬剤を詰めて蓋をし、歯根をむし歯の再発から守ります。そして歯の内部に土台となる部分を埋め込んだ後、上から金属やセラミックでできた人工歯(クラウン)を被せて、歯の機能を取り戻します。根管治療には多くのステップがあるため、通院回数も多くなりますが、最後のステップまできちんと治療を完了させることが大切です。

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科 院長より

天然歯を失ったとしても、インプラントなどで噛む機能を取り戻すことができるとはいえ、天然歯に勝る人工歯はありません。1本でも歯を失うと歯垢が溜まりやすくなり、むし歯や歯周病にかかるリスクも高くなります。また、噛み合わせが悪化し、口腔内のバランスも崩れてしまいます。自身の歯を2本、3本と失わないためにも、日頃から定期検診を積極的に受けることで、未然に口腔内のさまざまなトラブルを防げるようにしておきましょう。