よくある質問 歯が黄色くてコンプレックスに感じています。白くすることはできないのでしょうか?

Q&A

歯が黄色くてコンプレックスに感じています。白くすることはできないのでしょうか?

喫煙の習慣があるせいか、歯が黄色く変色してしまいました。また、ワインやコーヒー、カレーなども好きですが、これも原因になっていると聞きました。歯を削ったりせずに、自然な白い歯にすることはできないのでしょうか?

歯が黄色くてコンプレックスに感じています。白くすることはできないのでしょうか?

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科からの回答

口元から見える歯の色が黄ばんでいると、笑顔に自信が持てなくなるものです。ですが、歯に沈着してしまった色素は、ブラッシングで落とすことはできません。歯の着色は「ホワイトニング」で解消することが可能です。

歯に沈着してしまった色素はホワイトニングで白くできる

年齢を重ねた歯は、普通に飲食をしているだけでも歯の色が変化していきます。特に、お茶やコーヒー、ワインやカレーなど色の濃い食品、タバコのヤニなど、歯に色が付着しやすい成分が含まれているものを摂る習慣があるならばなおのこと注意が必要です。歯に色素が沈着してしまうと、毎日のブラッシングや歯科医院で行うクリーニングだけでは元の白い歯の色に戻すことはできません。歯の汚れを落とし、黄ばみなどの沈着した色素を分解するためには、歯に薬剤を浸透させるホワイトニングの施術が効果的です。歯を削ったり、麻酔を使ったりすることがないので痛みを伴うこともありません。ホワイトニング効果で、美しく白い歯を取り戻すことが可能になります。

ホワイトニングには2種類の方法が選べる
通院タイプのオフィスホワイトニング

歯科医院に通って施術をしてもらうオフィスホワイトニング。歯に薬剤を塗布し、特殊な光を当てて歯を白くします。即効性があり数回の施術で効果が得られるため、結婚式や成人式、就職活動などのイベントを前に希望される患者様が多いです。短時間で効果を実感できますが、その分、色戻りも早いので、複数回行うと持続性が高まります。

セルフケアのホームホワイトニング

自宅で、ご自身で行うホームホワイトニング。歯科医院で作るホワイトニング用のマウスピースに薬剤を注入し、都合の良いときに毎日数時間装着します。効果が出るまで2週間ほどかかり手間はかかりますが、持続性が高く白さが長持ちしやすいメリットがあります。

ホワイトニングを受ける前のチェック事項

ホワイトニングを受けるためには、いくつかの注意事項があります。まずは、歯のクリーニングを行い、口腔内の健康チェックを受けます。治療中のむし歯や歯周病がある場合は、治療が完了してからの施術となります。また、一時的に薬剤の影響で「歯ぐきがしみて痛い」という場合は、無理せずに担当医に相談しましょう。ホワイトニング効果を持続させるためには、継続的にホワイトニングの施術を受けることをおすすめしています。

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科 院長より

JR名古屋駅より徒歩5分のミッドランドスワン歯科・矯正歯科。通院しやすい立地で、さまざまな患者様にご来院いただいています。歯は、機能性だけでなく見た目の美しさを整える審美性もとても重要です。美しい白い歯は、自信に満ちた笑顔を引き出せます。

当院は、治療開始前のカウンセリングでホワイトニングの目的や実現したい時期などをうかがい、施術方法や費用、メンテナンスなど丁寧にご説明いたします。患者様に寄り添い、理想の口元が実現するようスタッフ一同でサポート。ホワイトニングなど審美治療はお気軽にご相談ください。