よくある質問 矯正装置の種類はどれくらいありますか?

Q&A

矯正装置の種類はどれくらいありますか?

矯正治療を受けようか検討していますが、矯正装置の種類が多くてどれにしようか悩んでしまいます。矯正装置の種類や特徴について教えてください。

矯正装置の種類はどれくらいありますか?

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科からの回答

矯正治療は保険適用外のため一般的な治療に比べて料金も高額で、長期間の治療となります。治療を開始する前に、まずはしっかりとご自身に合った治療法を見極めて、より効果的な治療を行っていきましょう。

矯正装置の種類と特徴

代表的な矯正装置は、主に以下の4つに分けられます。

メタルブラケット・ワイヤー

歯の表側に取り付ける金属製の矯正装置です。幅広い症状の不正咬合治療に対応することが可能で、治療費も比較的安く済む傾向にあります。しかし矯正器具自体が目立ちやすいため注意が必要です。

クリアブラケット・ホワイトワイヤー

仕組みは金属ブラケットと同様ですが、白や透明色の非金属製のパーツを使い目立ちにくくなっています。様々な不正咬合治療に対応可能で、金属アレルギーの方でもご使用いただけます。ただし金属ブラケットよりも費用はやや高額で、器具の強度も多少弱くなってしまう点に注意しましょう。

裏側矯正(リンガル矯正)

歯の裏側(舌側)に装着する矯正装置です。矯正器具が外から見えにくく、他人に気付かれにくいという特徴があります。歯を裏側から引っ張るため、前歯などを引っ込めたい場合には最適な治療法といえるでしょう。ただし、どうしても装置が舌に当たるため慣れるまでに違和感を覚えたり発音がしにくくなったりする可能性があります。また、矯正治療の中でも治療費が高額なこともデメリットとして挙げられます。

マウスピース矯正

取り外しが可能な、透明で薄いマウスピースを使用して矯正を行います。違和感や発音のしにくさが少なく、周囲から気付かれることもほとんどありません。食事や歯磨きの際は取り外すことができるため、不便を感じることも少ないでしょう。しかし治療可能な症状が限定的で、指定された装着時間を守らなければ治療の結果にも影響が及んでしまいます。

透明なマウスピースでの矯正治療「インビザライン」

近年、矯正治療の中でも人気を集めているのが「インビザライン」という矯正方法です。インビザラインでは、取り外しができる透明なマウスピースを使用し少しずつ歯を動かしていきます。

治療は精密検査を行い、綿密な治療計画を立てるところから始まります。その後歯型を取って、一度に治療終了までのマウスピースを作成。治療開始してからはマウスピースを2週間ごとに交換し、少しずつ歯を動かしていきます。最近では適応する症例の範囲も広がっていますが、治療中は装置を外している時間が長くならないように、指定の装着時間を守ることが必要になります。

インビザラインのメリット

使用するマウスピースは非常に薄く透明なので、あまり目立たず周囲の人にも治療していることを気付かれません。取り外しも可能なので、食事や歯磨きの際もストレスを感じることが少なくなるでしょう。少しずつ歯を動かすため、少ない痛みで歯並びを整えることもできます。

この治療方法では、ほかの矯正治療よりも治療期間が短く、一度にすべてのマウスピースを作るため通院回数をおさえることが可能です。そのため、歯科医院に通うのが難しい方でも治療ができます。また金属を使用しないインビザラインは、金属アレルギーの方でも安心して矯正をしていただけるでしょう。

ただし、インビザラインでは1日20~22時間以上の装着が条件づけられ、この装着時間を守らなければ歯が計画通りに動かずに治療の失敗に繋がります。食事や歯磨きの際は外すことができる反面、それ以外の時間は着用していなければいけません。そのため「決められた時間を守る」というご自己管理が求められることを覚えておきましょう。

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科 院長より

保険適用外の自由診療となる矯正治療は一般的な治療に比べて料金も高くなるため、失敗したくないと思うのは当然のことでしょう。しかし、どの器具・治療法がベストなのかということは、患者様の症状や何を求めているかによって変わります。まずはそれぞれの矯正治療の特徴をおさえたうえで、治療方針を医師としっかり相談して決めるようにしましょう。ミッドランドスワン歯科・矯正歯科では患者様のご要望をお聞きした上で、お口の状態を踏まえ患者様にひとりひとりに合った治療方法・装置をご提案させていただきます。