一般歯科

歯の痛みは放置してはいけません

歯の痛みは放置してはいけません

虫歯は、細菌がお口の中の汚れを分解してプラーク(歯垢)をつくり歯に付着して、そこから出た「酸」が歯を溶かしていく病気です。歯の表面のエナメル質を少しだけ溶かす「脱灰(だっかい)」の段階の場合は、再石灰化によって治癒が期待できますが、それ以上進行してしまうと自然治癒することはなく、「しみる」「痛む」などの症状が現れます。最悪の場合には歯が抜け落ちてしまうこともある怖い病気なのです。

虫歯は早期発見・早期治療が大切です。少しでも異変を感じたら、なるべく早く名古屋駅直結で土・日・祝日も診療している歯医者「ミッドランドスワン歯科・矯正歯科」にご相談ください。

虫歯を放置すると……

虫歯を放置すると……

虫歯はごく初期の段階の「脱灰」の状態のときには自覚症状が現れません。この段階なら、しっかりとケアすることで、歯を削らずに治癒することがあります。しかし、進行すると「冷たい物がしみる」「歯が痛む」などの症状が現れます。それでも放っておくとどんどんと進行し、やがては歯の内部にある神経にまで汚染が進み、激しい痛みにおそわれます。そのあとでいったん痛みがなくなることがありますが、治ったわけではありません。これは歯の中の神経が死んでしまったことを意味します。さらに放置すると歯の根の先に膿がたまり、ふたたび激しく痛みます。悪化させると抜歯を余儀なくされることにもつながるのです。

虫歯を放置するデメリット
  • 歯の健康を損ないます
  • 激しい痛みにおそわれます
  • 虫歯を悪化させればさせるほど治療が複雑になり期間も費用も増えてしまいます
  • 大切な歯を失うことにもつながります

できるだけ痛みを抑えた治療の取り組み

できるだけ痛みを抑えた治療の取り組み

歯科医院での治療に苦手意識がある方もいらっしゃるのではないでしょうか? 「治療は痛い」というイメージのため、お口に違和感があっても通院を先のばしにしていませんか? 当院ではそんな方でも安心してご来院いただけるように、できるだけ痛みを抑えた治療を心がけています。

表面麻酔

注射による局所麻酔の前に、ゼリー状の表面麻酔を塗布することによって、麻酔時の痛みを軽減します。

局所麻酔

局所麻酔は、インプラント治療、親知らずの抜歯や歯周ポケット内の歯石除去など手術以外でも広く使われており、麻酔による体への影響は少なく安全性も問題ありません。

笑気麻酔

ほんのり甘い香りのする笑気ガスを鼻から吸入する麻酔方法です。意識はありますがリラックスした状態で治療を受けていただくことができ、不快な痛みや音はほとんど気になりません。うとうとしている状態ですが、吸入を止めればすぐに覚醒した状態に戻ります。治療への恐怖心や不安が強い方に採用しています。

静脈内鎮静法

痛みへの不安が強い方には、静脈内鎮静法という麻酔法を用いて、うとうとと眠っているような状態で治療を行うことも可能です。腕の静脈に鎮静剤を注入する方法です。麻酔担当医が患者様の血圧や呼吸の状態をモニタリングしながら行いますので、ご安心ください。

スキルアップ・技術研鑽

治療時の痛みの程度には、ドクターの技術が大きく関わってきます。当院は日々技術研鑚に努め、患者様の治療時のストレスを軽減します。

歯の痛みは早めに治しましょう。診療予約はこちらから