インプラント

歯を失ったらできるだけ早く治療しましょう

歯を失ったらできるだけ早く治療しましょう

親知らずを含めると全部で32本ある歯は、1本1本形が異なります。それはそれぞれに役割があるからで、全体で咀嚼(そしゃく)や発音だけでなく、お口や身体のバランスを保っています。

虫歯や歯周病、事故などで歯を失うことがありますが、「あまり目立たないから」「歯医者が苦手だから」などの理由でそのまま治療せずに放っておいてはいけません。となりの歯が倒れ込んできたり、噛み合う歯が伸びてきたりして噛み合わせのバランスをくずしてしまい、お口全体の健康をおびやかしてしまうからです。

【歯を失ったまま放置するリスク】

  • 歯並びや噛み合わせに悪影響を与えます
  • 歯を支えていた顎の骨が痩せてしまいます
  • 発音が不明瞭になりがちです
  • 咀嚼がうまくいかなくなるので消化器官に負担がかかります
  • 顔の輪郭が変化し、しわやたるみの原因になります

1本の歯を失うと、全身の健康にも影響をおよぼしてしまう可能性があります。歯を失ってしまったらできるだけ早く名古屋駅直結で土・日・祝日も診療している歯医者「ミッドランドスワン歯科・矯正歯科」にご相談ください。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療は、虫歯や歯周病、ケガ・事故などのアクシデントによって歯を失ってしまった部分にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上部に人工の歯冠を装着することで歯の機能と見た目を補う治療法です。

インプラントの素材であるチタンは顎の骨としっかりと結合する性質があるため、ほぼ自分の歯と変わらない感覚で、硬い食べ物でもしっかり噛めるようになります。インプラントの上部に被せる人工の歯冠には主にセラミックが用いられますが、セラミックは見た目が自然なので、周囲にインプラントの存在を気付かれることもありません。

インプラント治療は、入れ歯やブリッジと違い外科手術が必要です。また、自費診療(保険外診療)なので費用も安価ではありません。しかし、機能面・審美面などを含めて長期的に考えれば、患者様に大きなメリットがある治療でもあります。歯を失う前と変わらない生活を送りたいという方は、ぜひインプラントをご検討ください。スワン歯科はインプラント治療において豊富な実績を有しており、難症例にも対応できる技術・設備を整えております。

医療法人スワン会のインプラント治療について

~優れた新しい設備と万全のチーム医療で治療します~

~優れた新しい設備と万全のチーム医療で治療します~

歯を失ってしまったときの治療のひとつがインプラント治療です。顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋めて土台にするのがインプラント治療で、その上に被せ物や特殊な入れ歯を装着して歯の機能の回復を図ります。当院では安全・安心のインプラント治療をご提供するため、クリーンな環境を整え、高性能の設備を完備し、常に術者の技術の向上を進めています。ドクターや歯科衛生士が連携し合うチーム体制を整えて高精度の治療を可能にしているのです。

~優れた新しい設備と万全のチーム医療で治療します~

インプラント治療の成功率を高めるために大切なのが精密な治療プランです。そのために歯科用デジタルCTを活用し、顎の骨の状態を詳細に把握しています。そのうえで、インプラントを埋める位置や深さ、角度などをシミュレーションします。そしてシミュレーション通りにインプラントを埋めるために作製するのがサージカルガイド(ノーベルガイド)です。

インプラント治療を成功に導く10の根拠

1:インフォームドコンセントの徹底

インプラント治療について特徴やメリット・デメリットをしっかりご理解いただいたうえで、治療を選択していただけるように、十分な時間をかけ、わかりやすく丁寧にご説明しています。

2:豊富な実績

医療法人スワン会では25年以上にわたりインプラント治療を行ってきています。日本における症例本数が多く、インプラント治療のパイオニア的存在だといえ、高い成功率を誇ります。

3:「ノーベルケアシステム」の採用

世界中で用いられ、世界シェアNo.1(約37%)のノーベルバイオケア社のインプラントシステムを採用しています。

4:精密な治療計画

精密な治療計画を立てるために歯科用デジタルCTを導入し、立体的画像による精密な情報を集め顎の骨の状態を正確に把握しています。

5:専用の手術室の設置

外科手術が必要なインプラント治療をより安全に行うため、手術に必要な設備や環境を整え、衛生管理を徹底したオペ室で治療を行っています。

6:先端医療のご提供

顎の骨が足りず他院で断られてしまったような難症例でも、当院では再生療法などの先端医療技術により治療の可能性を高めています。

7:痛くないインプラント治療を

できるだけ痛みを抑えるような治療をご提供しています。局所麻酔だけでなく、麻酔専門医が行う静脈内鎮静法も可能です。

8:充実のアフターケア

インプラント治療を行ったあとは、インプラントを長持ちさせるためにはメンテナンスが欠かせません。患者様のお口の状態に合わせたメンテナンスプランをご案内します。

9:お口全体をケア

インプラント治療はお口全体の健康を守るためのひとつの治療法です。お口全体の見た目と機能性を保ち、お口の健康維持のための総合的なケアを行います。

10:インプラント10年保証

当院ではインプラント治療には保証制度があります。メンテナンスを続けていただいた患者様の保証期間は10年間です。通常使用によるインプラントの破損や脱落が発生したときには無償で補償いたします。

痛みを抑えたインプラント治療を

虫歯や歯周病の治療以上に手術があるときくと「痛そう」と想像してしまいがちです。しかしできるだけ痛みを抑えた治療が可能です。

できるだけ痛みを抑えるために
手術の際 手術後
局所麻酔 静脈内鎮静法 痛み止め
手術中に痛みを感じることがないように局所麻酔をします。麻酔注射の前には表面麻酔をしますので、注射の痛みもほとんどありません。 腕の静脈に鎮静剤を点滴投与する方法です。不安や緊張感が和らぎ、うとうとしている状態で手術を受けていただくことができます。 術後、1~2日に患部に痛みが発生することがあります。その際に服用してください。なお痛みが日ごとに悪化するときは、お早めにご来院ください。

治療後のメンテナンスが重要です

  • 治療後のメンテナンスが重要です 治療後のメンテナンスが重要です

インプラントは人工物ですので虫歯になることはありません。しかし毎日のケアを怠り、汚れをためてしまうと、歯周病に似た「インプラント周囲炎」を起こすことがあります。するとせっかく手術して手に入れたインプラントを使い続けることができなくなってしまうのです。毎日のセルフケアとともに歯科医院での定期的なメンテナンスを受けて、いつまでもインプラントを快適に使っていきましょう。

スワン歯科のメンテナンスプログラム

※表は左右にスクロールして確認することができます。

Step1:
問診
Step2:
口腔内診査
Step3:
ブラッシング指導
Step4:
クリーニング
全身の状態をうかがいます。服用中のお薬なども確認させていただきます。 インプラント、上部構造の状態や噛み合わせなどを確認します。年に1回を目安にレントゲン撮影も行います。 お口の清潔を保てるように、ブラッシング指導を行います。毎日のセルフケアに役立ててください。 インプラントの周囲を中心にクリーニングを行います。毎日のセルフケアでは落としきれない汚れを徹底的に除去します。

他院でインプラント治療を断られた方もご相談ください

他院でインプラント治療を断られた方もご相談ください

インプラントを埋めるためには十分な顎の骨が必要です。厚みや幅、密度が足りないとインプラントが安定しません。骨の量が足りない場合に他院で「インプラント治療はできません」と断られてしまった場合でも、顎の骨の再生療法により治療が可能になる場合があります。また数本のインプラントで顎全体の機能を回復することができる特殊な入れ歯にも対応していますので、一度当院にご相談ください。

再生療法
GBR ソケットリフト サイナスリフト

GBR

ソケットリフト

サイナスリフト

顎の骨の足りない部分に骨補填剤(こつほてんざい)または自家骨(細かく砕いた自分の骨)を注入して骨の再生を待ちます。 上顎の奥歯の骨が足りない場合、インプラントを埋入する部分から骨補填剤などを注入して骨の厚みを確保します。 上顎奥歯の骨がかなり不足している場合には、顎の側方から骨補填剤などを填入し、顎の骨が安定するのを待ちます。
特殊な入れ歯
All-on-4
All-on-6
オーバーデンチャー

All-on-4 All-on-6

オーバーデンチャー

片顎につき4本または6本のインプラントで全体の機能を回復できるような特殊な装置を含んだ入れ歯です。しっかり安定するので、普通の総入れ歯よりよく噛めます。またインプラントの本数を抑えることができるので身体への負担も費用も抑えられます。 片顎につき2~4本ほどのインプラントを埋め込み、入れ歯には固定装置を装着して安定させます。

歯を失ってお困りの方は、一度ご相談にお越しください