予防歯科

お口の健康は予防から始まります

お口の健康は予防から始まります

歯医者さんは「痛くなってから行くところ」だと思っていませんか? しかし虫歯や歯周病は、その発症のメカニズムがわかっているので予防が可能な病気です。そのため最近では「虫歯や歯周病にならないようにチェックを受け、歯をきれいにするところ」という認識が広まってきています。

予防の基本はお口に汚れを残さないこと。つまり毎日のセルフケアをきちんと行い虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を取り除くことです。そしてそれに加えていただきたいのが定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケア。お口のトラブルを未然に防ぎたい方は、名古屋駅直結で土・日・祝日も診療している歯医者「ミッドランドスワン歯科・矯正歯科」にご相談ください。

予防歯科のメリット

痛くなってからの治療ではなく、痛くなる前に定期検診を受ける予防歯科にはさまざまなメリットがあります。

メリット1:虫歯や歯周病の予防が可能です

メリット2:病気になってしまうことによる身体への負担や治療の負担を抑えられます

メリット3:もしすでに虫歯や歯周病などにかかっていても早期発見・早期治療が可能です

メリット4:定期検診で歯のクリーニングを受けるとお口の中がスッキリ・サッパリします

歯の再石灰化を促しましょう

お口の中は、歯の表面の成分が溶け出す「脱灰」とその成分が歯に戻る「再石灰化」をくり返しています。このバランスがくずれて、再石灰化が間に合わないと虫歯が進行していくのです。つまり口腔ケアのためには歯の再石灰化を促すことが大切です。

  • 歯の再石灰化を促しましょう歯の再石灰化を促しましょう

再石灰化のためには、プラークなどの汚れは落とさなければいけません。ただ毎日ブラッシングをしていても虫歯になってしまった、歯周病が進行してしまったなどの経験がある方が少なくないと思います。それは自己流のブラッシングではプラークを取り残してしまう部位が生じてしまうからです。

医療法人スワン会では、患者様一人ひとりの歯並びに合わせたブラッシング方法をアドバイスしています。歯ブラシの選び方や持ち方、歯ブラシを当てる角度や動かし方、そして力の入れ具合まで細かくお伝えしますので、毎日のケアに役立ててください。ほかにも歯科医院でのフッ素塗布やPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)といった歯のクリーニングも有効です。また、甘いおやつには歯にやさしいキシリトール配合の食品を選ぶこともおすすめします。

歯科衛生士は口腔ケアのプロフェッショナルです

歯科衛生士は口腔ケアのプロフェッショナルです

口腔ケアのアドバイスは歯科医師の指示のもと、歯科衛生士が行います。歯並びや口腔内の細菌の数や種類を検査し、お口の状態に合わせた予防ケアプランを立てるのです。ブラッシング指導や歯のクリーニングを行って、患者様一人ひとりのお口の健康維持をサポートしています。

歯科衛生士おすすめのデンタルグッズ
マウスリンスとジェル フッ素コート剤とうがい薬 音波振動歯ブラシ

マウスリンスとジェル

フッ素コート剤とうがい薬

音波振動歯ブラシ

お口の乾燥は、虫歯や口臭の原因になります。ウェルテック社のマウスリンスとマウスジェルはお口に潤いを与え乾燥を防ぐ製品です。 フッ素コート剤(ジェルコート)とうがい薬(コンクール)です。どちらも虫歯・歯周病予防のためのウェルテック社の製品です。 音波振動で歯石を効率よく除去する歯ブラシです。替えブラシの種類が豊富で安価です。どなたにもかんたんにお使いいただけます。

妊婦歯科(マタニティ)検診も行っています

妊婦歯科(マタニティ)検診も行っています

妊娠すると身体のホルモンバランスや体調などが変化します。唾液がネバネバした状態になり、「つわり」があったり、飲食の回数が増えたり、女性ホルモンの増加により炎症を起こしやすくなったり、トラブルが増加するものです。そのため妊婦さんのお口の中は細菌が繁殖しやすくなり、虫歯や歯周病の発症リスクが高まってしまいます。

お口の健康を守るためには毎日のブラッシングが大切ですが、体調の変化により妊婦さんにとってブラッシングすらできなくなることがあります。そのようなときは、お口をゆすぐだけでも行いましょう。また妊娠安定期などに妊婦歯科検診を受けてなるべくお口の中を清潔にすることをおすすめします。

妊娠性歯周炎に注意しましょう
  • 妊娠性歯周炎に注意しましょう 妊娠性歯周炎に注意しましょう

とくに注意が必要なのは「妊娠性歯周炎」です。妊婦さんが歯周病を悪化させてしまうと、歯周病の原因菌や細菌が産生する毒素が血管に入りやすくなり、血液を介して胎盤を刺激して、低体重児出産や早産のリスクを高めてしまうのです。お口の健康は妊婦さんだけでなくお腹の赤ちゃんの健康にもつながります。毎日のセルフケアを行いながら、妊娠歯科検診もご活用ください。

定期検診のご予約はWebからも受け付けています