よくある質問 審美歯科で行われている治療法の種類・内容を教えてください。また、施術にはどのくらいの時間がかかるものなのでしょうか?

Q&A

審美歯科で行われている治療法の種類・内容を教えてください。また、治療にはどのくらいの期間がかかるものなのでしょうか?

むし歯を綺麗に治したいので、審美歯科の治療を受けることを検討しています。審美歯科の治療法にはどんな種類があり、それぞれどのような内容なのでしょうか?また、治療にかかる期間の目安についても教えてください。

審美歯科で行われている治療法の種類・内容を教えてください。

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科からの回答

審美歯科治療とは、矯正歯科、ホワイトニング、補綴(ほてつ)による審美修復といった治療を意味することが一般的です。今回のご質問は「むし歯を綺麗に治療したい」とのことですので、ここでは審美補綴の種類とそれぞれの内容についてご紹介しましょう。

審美歯科治療の種類

歯を補綴する審美歯科治療にはさまざまな種類があります。以下でそれぞれの治療の内容についてご説明しましょう。

セラミッククラウン(オールセラミック)

むし歯治療でできた隙間に、オールセラミックの被せ物を装着する治療法です。むし歯を削って取り除いたあと、型を採って作成したセラミッククラウンを被せるもので、主に前歯の治療に用いられます。金属をまったく使用しないため、金属アレルギーの方でも治療を受けられる点が特徴。光を当てたときでも金属が透けず、自然な歯の白さを再現できるのも魅力です。

セラミックインレー(オールセラミック)

歯の表面を削った箇所に、セラミック製の詰め物を詰める治療法です。セラミッククラウンよりも補綴する範囲が狭いため、比較的短期間で治療が終わります。セラミッククラウンと同様に金属を一切使用しないため、金属アレルギーのリスクや金属が透けてしまう心配もありません。

ジルコニアクラウン

オールセラミックの一種である、ジルコニア製のクラウンを用いた治療法です。透明度が高いため周囲の歯に合わせて白さを微妙に調節することができ、時間が経ってもほとんど変色しません。硬いものもしっかり噛めるため、噛み合う歯を傷つけないのも大きなメリットです。

ラミネートベニア

付け爪のような薄いセラミック製の板を、表面を薄く削った歯に接着する治療法です。歯の色を白く見せられるほか、軽度のすきっ歯の改善も可能です。安全性が高く耐久性があり、仕上がりが美しいことから人気を集めています。

メタルボンド

歯を削った箇所を、金属のフレームにセラミックを焼きつけた被せ物で補綴する治療法です。金属のフレームは噛む機能を、セラミックは審美面を補っています。金属アレルギーをお持ちの方はリスクもありますが、耐久性が高く、割れにくいので奥歯などの治療に適しています。

オールセラミックの治療期間

数ある審美歯科治療の中でも、代表的な治療法であるオールセラミック。「歯を削って土台を整える」「型を採る」「歯科技工士がオールセラミックの人工歯を作成する」「被せて固定する」という複数の工程があるため、治療には通常の治療に比べ長めの期間を要します。また、患者様のむし歯の程度や歯茎の状態、治療する本数によっても異なりますので、歯科医師にしっかり確認しておくようにしてください。

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科 院長より

審美歯科治療は保険適用外のため、治療費は安価ではありません。しかし、仕上がりは非常に美しく、機能面においても優れているため、むし歯の治療を受ける予定のある方にはぜひおすすめしたい治療です。

ただ、審美歯科治療を経験されたことのない方の場合、「審美歯科治療」と聞いてもどのような種類があり、どんな内容なのかについて想像がつきづらいかもしれません。治療をご検討中の方は今回ご紹介した内容にぜひ目を通していただき、ご不明・ご不安な点はぜひ当院までご相談ください。まずはドクターがお口の状態をしっかりと拝見した上で、より詳しくご説明いたします。