よくある質問 小児用のマウスピース矯正治療で失敗しないためにはどうすればいいでしょうか?

Q&A

小児用のマウスピース矯正治療で失敗しないためにはどうすればいいでしょうか?

子供が将来歯並びで苦労しなくて済むよう、今のうちにマウスピースでの矯正治療を受けさせたいと考えています。ただ、失敗を考えると少しちゅうちょしてしまうため、失敗しないで済むにはどうしたらいいのか教えてください。

小児用のマウスピース矯正治療で失敗しないためにはどうすればいいでしょうか?

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科からの回答

将来苦労させないため、お子様に矯正治療を受けさせたいという考えは素晴らしいと思います。また、大切なお子様に治療を受けさせる以上、さまざまな不安が生じるのは仕方のないことです。今回は、その不安を取り除けるよう、マウスピース治療についてご説明していきます。

矯正治療は何歳のとき行うのが最適?

一般的に、子供が矯正治療を受けるのは早ければ早いほどよいとされています。ただ、もちろんお口の状況などには一人ひとり個人差があるため、それによって矯正治療を開始する年齢が変わってくるのは間違いありません。その時期を見極めるため、検診を兼ねてなるべく早い段階で歯科医院の診察を受ける必要があります。

子供は最適な年齢の時期に矯正治療を受けることで、歯に負担をかけず理想的な歯並びを手にしやすくなります。また、歯の移動がスムーズに行えるため、矯正期間も短く済むというメリットも特徴。もちろん、矯正期間が短くなれば、それだけ費用が安くなるのは確実です。

子供の歯並びに不具合があるにもかかわらず、それを放置したままでいると、将来的にむし歯や歯周病となる可能性が高まります。また、歯並びの悪さはコンプレックスとなりかねないため、可能なかぎり適切な時期に矯正治療を受けさせてあげてください。

痛みが少なく、目立たないマウスピース治療

子供の矯正治療の方法を考えたとき、おすすめしたいのが「マウスピース」を用いた治療法です。マウスピースを利用した治療法には、以下のようなメリットがあります。

痛みが少ない

一般的な矯正治療の中には痛みが伴うものもあります。しかし、マウスピース矯正であれば2週間ごとにマウスピースを取り換え、少しずつ歯を動かしていく矯正法のため比較的痛みは少なくて済みます。

目立たない

マウスピースは薄くて透明なため他人から気づかれにくいのが特徴。一般的な矯正治療よりも比較的器具が目立ちにくくいので、お子様もあまり嫌がらずに装着してくれるでしょう。

清潔感がある

マウスピースは食事やブラッシングの際、取り外しが可能です。そのため、しっかりとブラッシングが行え、口腔内を清潔な状態に保ちやすくなります。

マウスピース治療の注意点

子供にマウスピース治療を受けさせるには、いくつか注意点があります。マウスピースが「取り外しが可能」であることから、決められた装着時間を守れない子供が出てくる点がそのひとつです。装着時間を守らなければ、予定通りに矯正は進みません。親は、子供がしっかりマウスピースを装着しているか、常に意識しておく必要があります。

また、マウスピース治療を行っていると、お口の中で唾液の循環がさえぎられ、むし歯菌が洗い流されにくい状態になります。ですので、矯正中は普段よりブラッシングを念入りに行わなければ、むし歯になる可能性が高くなります。また、マウスピースを取り外しの度に洗浄し、口腔内を清潔に保つことも重要です。

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科 院長より

お子様の将来を考えれば、大人になってからよりも子供のうちに矯正治療を受けさせた方が、矯正がスムーズに行えるだけでなく、費用が安くなるなどさまざまなメリットがあります。最近ではマウスピース治療が浸透しており、お子様にとって悩みの種となりがちな、痛みや見た目の悪さを心配する必要はありません。いくつかの点にさえ注意すれば、理想の歯並びを手にすることができるでしょう。

ただ、「矯正治療は子供のうちに」と言っても一人ひとりで始めるべき適切なタイミングは異なります。どのタイミングで始めればいいかを判断するためにも、まずは検診を兼ね、歯科医院で診察を受けてみてください。