よくある質問 口臭があると指摘されました。歯科医院で治療することはできますか?

Q&A

口臭があると指摘されました。歯科医院で治療することはできますか?

最近、付き合っている恋人から口臭を指摘されてしまい、ショックを受けています。周りの人にも迷惑をかけたくないので、すぐにでも口臭の治療を始めたいです。そこで質問ですが、歯科医院で口臭の治療は可能でしょうか?

口臭があると指摘されました。歯科医院で治療することはできますか?

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科からの回答

口臭は自分で気づきにくい症状。他人からの指摘ではじめて発覚し、ショックを受ける人は少なくありません。歯科医院では、口臭の治療にも対応しています。口臭は歯周病が原因になっているケースもあるため、なるべく早めに治療を受けるようにしましょう。

まずは口臭の原因を探ろう

ひとまとめに口臭といっても、実際はさまざまなタイプがあります。口臭を改善するためには、「原因は何なのか」「治療が必要なものなのか」という点を把握する必要があるでしょう。ここでは、一般的な口臭をタイプ別に紹介します。自分の口臭がどれにあたるか、参考にしてください。

生理的口臭

生理的口臭は、人間なら誰にでも見られる口臭です。起床直後や空腹時、緊張状している際に発生します。

飲食物やタバコによる口臭

ニンニクや酒など強烈な臭いの飲食物を摂取すると発生する口臭です。タバコを吸った際にも口臭が生じます。しかし、これらの口臭は一時的なものなので治療の必要はありません。

病的口臭

呼吸器系、消化器系の病気や、糖尿病、肝臓疾患、歯周病などにより発生する口臭です。このタイプの口臭は病気の原因を治療することで改善することができます。また、歯周病が原因の場合は歯科医院を受診して治療を受ける必要があります。

口臭の原因の大部分は舌にあるって本当?

上記でご紹介したように、口臭の原因のほとんどは「口の中」にあることがわかります。「口が臭いかな?」と思ったらまずは歯科医院で口の中の状態を診てもらいましょう。

実は、口臭の原因の大部分は「舌」にあるとされています。舌の表面に「舌苔」という白い苔のような付着物が発生すると、この舌苔から作り出されるガス(VSC)が卵や魚が腐ったような臭いを発するからです。舌苔が多く付着していればいるほど、口臭も強烈なものになります。

舌が原因となる口臭を防止するために歯周内科医療を受けたり、舌ブラシでブラッシングをしたりすることが大切です。こうしたケアをしておけば、VSC原因菌である嫌悪性菌の数を減らすことができます。

その口臭、歯周病のサインかも!

前述のように、歯周病も口臭が発生する原因のひとつです。歯周病は症状が深刻化するまで自覚症状がない病気としても知られています。そのため、急に口臭が発生した場合には歯周病のサインである可能性があります。

歯周病が進行すればするほど口臭もきつくなってしまうので、口臭に気づいたらなるべく早めに歯科医院で診察を受けましょう。いつまでも放置していると、口臭がひどくなるだけでなく、最悪の場合歯を失ってしまう可能性もあります。

また、歯周病以外でも、むし歯や歯垢、歯石などによって口臭が発生する可能性があります。いずれにせよ、口臭が気になりはじめたら早急に歯科医院を受診することをおすすめします。

ミッドランドスワン歯科・矯正歯科 院長より

生理的口臭や飲食物などによる口臭の場合、不快な臭いは時間とともに消えていきます。そのため、生活習慣などの改善をしていけば歯科医院の診察を受ける必要はありません。しかし、舌に付着する舌苔や歯周病を原因とする病的口臭の場合は治療が必要です。異常を感じたら早めに歯科医院を受診しましょう。

とくに歯周病の場合は、早期の治療であればあるほど治療がしやすい病気です。口臭を歯周病の「サイン」受け取ることができれば、治療をスムーズに進められる可能性があります。